素肌美人おすすめの敏感肌化粧水

素肌美人おすすめの敏感肌化粧水

当サイトではこれを使って素肌美人になれたと口コミの敏感肌化粧水を7つご紹介します。

 

デリケートで日々の環境に影響されやすい敏感肌は使うものにも気を使いますよね。

 

こちらでは大手製薬会社が手掛けた商品やCMや雑誌などで多く取り上げられている商品もご紹介していますので、参考にしてみてください。

敏感肌化粧水ランキング

ディセンシア アヤナス RC ローション

ディセンシア アヤナス RC ローション

敏感肌専門ブランドのディセンシア。

 

こちらのアヤナス RC ローションは、アルコールや香料など不使用の化粧水です。

 

ハリ弾力に必要なコラーゲン生成を170%アップしてくれるので敏感肌の方でも安心して使えます。

 

つけた瞬間肌の奥に潤いが入っていく、美容液のような濃密化粧水です。

 

トライアル価格 送料 トライアル内容量

1,480円

無料

14ml

 

詳しくはコチラ

 

 

コンシダーマル スキンライズローション

コンシダーマル スキンライズローション

コンシダーマル スキンライズローションは、肌を構成する、30種類の美容成分が入ったオールインワンタイプのローションです。

 

人間の肌が持つラメラ構造に合わせて化粧品が作られているまで、美容成分がしっかり肌の深層に届きます。。

 

皮脂によるベタつきが気になる人、乾燥によるカサカサが気になる人に向けた2種類があります。

 

トライアル価格 送料 本体内容量

2,835円

無料

80ml

 

詳しくはコチラ

 

 

メディプラスオーダーズ メディプラスゲル

メディプラスオーダーズ メディプラスゲル

メディプラスオーダーズ メディプラスゲルは、皮膚科医指導のもとテストされた大人肌専用化粧水です。

 

美容成分62種を配合していて1本4役でケアもとても楽ですし、

 

肌に触れる回数が少なくので敏感肌の方でも肌荒れが解消できます。

 

本体価格 送料 本体内容量

3,996円

無料

180g

 

詳しくはコチラ

 

 

小林製薬 ヒフミド エッセンスローション

小林製薬 ヒフミド エッセンスローション

ヒフミド エッセンスローションは、製薬会社の小林製薬が手掛けています。

 

外部刺激に対する強いバリア機能を持ったセラミドを配合しており、水分を長時間守ってくれます。

 

肌老化につながる乾燥から守り、肌の基礎力を高めてくれると人気です。

 

トライアル価格 送料 トライアル内容量

980円

無料

20ml

 

詳しくはコチラ

 

 

ディセンシア つつむ ローションセラムE

ディセンシア つつむ ローションセラムE

ディセンシア つつむ ローションセラムEは、肌の保湿機能を高めてくれると敏感肌の方から評判です。

 

ディセンシア独自の技術作られた成分で保水力が200%アップし自ら潤い続ける力を養ってくれるので、乾燥する季節の刺激から肌を守ってくれます。

 

トライアル価格 送料 トライアル内容量

1,470円

無料

14ml

 

詳しくはコチラ

 

 

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェルは、1滴の水も含まない100%美容成分で作られています。

 

独自の生命体技術により開発した100%植物由来成分の美容化粧水なので鮮度にこだわっており、

 

素肌環境もアップできる肌に優しい商品なのが魅力です。

 

トライアル価格 送料 トライアル内容量

1,900円

無料

8ml

 

詳しくはコチラ

 

 

富士フイルム アスタリフト ローション

富士フイルム アスタリフト ローション

多くの雑誌やテレビでも取り上げられている富士フイルム アスタリフト ローション。

 

世界最小クラスのヒト型ナノセラミドを配合しています。

 

肌にハリを与える赤いナノアスタキサンチンを、独自のナノ化技術で肌の隅々にまで浸透させ美肌パワーを発揮させます。

 

トライアル価格 送料 トライアル内容量

1,000円

無料

20ml

 

詳しくはコチラ

 

敏感肌用の化粧水とそうでないものの違いとは

化粧水には、敏感肌用の化粧水とそうでない肌質の人のための化粧水があると思います。わざわざ分けて作らなくても、敏感肌の人でもそうでない人でもみんな使えるような製品を作れば良いのではという意見もあると思うのですが、なかなかそのようにならないのは何か理由があるからなのではないかと思います。その理由とは一体何なのでしょうか。

 

まず、基本的には、敏感肌用とそうでないものでは入っている成分が違います。敏感肌用の化粧水には、添加物や刺激になるような成分がほとんど入っていません。したがって、肌が荒れやすくなっている時に使っても違和感なく使えるのではないかと思います。また、何も入っていないと言っても、肌のバリア機能を回復させるための成分が入っている種類もあるので、最低限の肌ケアは可能なのではないかと思います。

 

一方、敏感肌用以外の化粧水には、様々な成分が入っているものが多いです。その成分は、化粧品メーカーが肌の悩み別に開発してきた成分なので、肌への刺激はある程度多いというものがほとんどなのではないかと思います。

 

しかしその分効果も期待出来るのではないかと思います。低刺激で肌に負担をかけなくケアしていきたいという人もいれば、美容成分の良さをしっかり受け止めて肌ケアしていきたいという人もいます。前者の人にとっては、後者の製品は強すぎますし、後者の人にとっては前者の製品は物足りないのではないかと思います。そのようなことから、敏感肌の人でもそうでない人でも一緒に使えるという製品は少ないのではないかと思います。

 

 

敏感肌におすすめの化粧水とは

敏感肌の人は、化粧品の基本である化粧水を選ぶこともとても苦労するのではないかと思います。とにかく添加物のないものを選んで肌につけていても、しばらくするとひどい肌荒れを起こしてしまうという人もいるようです。化粧水がつけれなければ当然乳液などもつける事ができません。

 

かといって、若い時から何もつけずに肌を放っておくのも後々の肌の状態のことを考えると避けたいのではないかと思います。では、敏感肌の人でもつけれる化粧水にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まずオススメなのは、アロエなどの天然成分を使った化粧水です。アロエには保湿作用や肌荒れ防止の効果があるので、アロエ成分がメインの化粧水だと敏感肌の人でも使えるかもしれません。

 

また、各化粧品メーカーが出している敏感肌専用の化粧水もオススメします。敏感肌化粧水は高価なものが多いようですので、試さず買うというのは気が引けると思います。気になるメーカーがある時は、可能であればサンプルをもらって少し試してみてから使うと、安心できるのではないかと思います。

 

また、どうしても市販されている化粧水が肌に合わないという場合には、化粧水を手作りするということも可能です。手作りすると、防腐剤などが入っていないものを作れるというメリットがあります。

 

手作りの化粧水の一例を挙げると、まず準備物はスプレーボトル・植物性のグリセリン・精製水(水道水)・エッセンシャルオイル・マドラーです。まずはグリセリンをボトルに入れます。目安は小さじ1から2杯ですが、肌の調子に合わせて量を決めます。次にオイルを入れます。こちらは2滴から3滴ほどです。ここで一旦よくマドラーでかき混ぜます。そして精製水を100ml入れボトルを振りながらよく混ぜます。これで完成です。

 

1ヶ月くらいで使い切り、冷蔵庫で保管します。オイルはそれぞれ効能があると思うので、自分の肌を考えながら好きなものを混ぜると良いのではないかと思います。

 

参考Web:日本輸入化粧品協会

 

乾燥肌に効果のある化粧水を選ぶなら

数多くある乾燥肌化粧水の中から一つだけ選ぶなら、ディセンシアのアヤナス RC ローションをおすすめします。

 

配合成分にアルコールなどが使われていないので肌がひりひりするなどの刺激もありませんし、濃密化粧水なので使い心地が美容液のようにとろりとしています。

 

敏感肌専用ブランドでも有名ですしトライアルセットもあり値段も安心価格なので、敏感肌化粧水を初めて使ってみる方にもおすすめしています。

 

詳しくはコチラ

 

更新履歴